2019年開催予定(Programs for 2019)

95    2019年 4 7日(

                    13301530

Short Speech on a given theme and free conversation 

96    2019年 5 11日(

                    10:0012:00

Short Speech on a given theme and free conversation

97    2019年 6 2日(

                     13301530

Short Speech on a given theme and

free conversation

98    2019年 7 7日(

                     13301530

Short Speech on a given theme and

free conversation

 8月はお休みです

 

99    2019年 9 8日(

                     13301530

Short Speech on a given theme and

free conversation

100    2019年 10 20日(

                    13301530

Short Speech on a given theme and free conversation 

101    2019年 11 9日(

                  13301530

Short Speech on a given theme and free conversation

102    2019年 12 8日(

                     13301530

Short Speech on a given theme and

free conversation

 103    2020年 1 5日(

                     13301530

 Short Speech on a given theme and

free conversation

 第104    2020年 2 2日(

                     13301530 

 Short Speech on a given theme and

free conversation

 105    2020年 3 1日(

                     13301530

 Short Speech on a given theme and

free conversation

第103  2020年1月58() 1330 1530

テーマ 

       ① Rice Cake ( “ 時節柄のテーマです。

      我が家の雑煮に始まり話題には事欠かないのでは?)

       ② Roadside Station ( 道の駅。存在意義に始まりこれも話題が多いのでは?)

 

      ご自分の英語で話すようにしましょう。

第102  2019年12月8() 1330 1530

テーマ 

       ①  First love (初恋) 

どのような立場からでもお話しください

―――――――――(休憩10分)――――――――

  Cashless society  (キャッシュレス社会)

多くの決済が現金でなくカードや電子マネー

で行われる社会になりました。ご自身のコメントは?

 

 

 リーダー:  Table1(鈴木), Table  2 (須田)

      Table 3 *(内藤), Table 4 (岩井)

           受付・運営(四方田)

       ALT Coordinators: Mr. Nicholas Mr. Marcos

第101  2019年11月9() 1330 1530

テーマ 

 Omotenashi (おもてなし、hospitality) 

(   (どちらの立場で、どう捉えても結構です)

――――――――― (休憩10分)―――――――――

  My habits  (慣習、習慣、習性)

 

リーダー  Table1(須田)・Table 2 (岩井)

Table 3 (鈴木)Table 4 (内藤) 

受付・運営(四方田)

ALT Coordinator: Mr. Nicholas Richards 

第100  2019年10月20() 1330 1530

テーマ 

① Sightseeing in Tokyo 

どういう経験・観点からのコメントでも結構です。

 

――――――――― (休憩10分)―――――――――

② My Relaxation 

 

休養、骨休め、くつろぎ、気晴らしにやる事、

娯楽、レクリエーション

 

今回も時間は十分ありますので準備をお楽しみください。

第99  2019年9月8() 1330 1530

テーマ 

① Birthday Celebration

(“誕生日のお祝い”について人に話したいことをどんな

ことでもご自由にどうぞ。 ご自分の誕生日とは限りません)

――――――――― (休憩10分)―――――――――

② Plastic Bags(ポリ袋/プラスティックバッグ)

(ポリ袋=ポリエチレン製の袋のことで、今はあまり使われて

いないビニール袋も含めた総称を言うようです)。エコロジー

と環境破壊に全世界が取り組んでいることはご承知のとおり。

 

リーダー: 確認中

ALT出席者:確認中 

第98  2019年7月7() 1330 1530

テーマ 

 Acceptance of Foreign Workers

   (外国人労働者の受け入れ)

 Driving by Senior Citizens /Return driving license

      (高齢者による自動車の運転 / 運転免許返納)

両方とも全国的にとても大きな課題ですね。

日本には約273万人の外国人在留者がいます2018年末数値)。

最も多いのは東京都で約57万人、愛知、大阪、神奈川がそれぞれ20万人台で続きます。

茨城県は約6.4万人で中国(1.2万人)フィリピン(1万人)ベトナム(6.6千人)ブラジル

5.8千人)タイ(4.7千人)韓国(4.3千人)インドネシア(3.5千人)スリランカ(2.3千人)ペルー(1.6千人)パキスタン(1.5千人)など。

取手市には1,740人の外国人在留者がいます。

人口の約1.6%です。中国(402)、ベトナム(316)フィリピン(184)、韓国(162)、ネパール(138)、タイ(112)、インドネシア(48)、台湾(40)など。

 

さまざまな生活のシーンで外国出身者を多く見かけ、今や外国出身者と時間や空間を共にすることはごく日常的なことになりつつあります。

国籍、民族、文化、言葉の違いを認識し合い、共に生きやすい社会を築いていくことが必要となりましたね。このあたりを手かがりに、ご自分が経験していること、経験したこと、思っていることなどをご自由にお話しください。

 

の運転についてもご自分のご意見をご自由に。

 

 

第97  2019年6月2() 1330 1530

テーマ 

  My motto (私のモットー)

Mottoを辞書でみますと【saying, phrase or word used as ones rule of life, 標語、格言、座右の銘】となっています。他に belief, faith, conviction, creed等の言葉もありますが、前者とは違った意味合いで使用される場合が多いようですのでmottoにします。誰かのmottoを引用してもいいですし、ご自分で作ったmottoならなおさら。ただどうしてそれがご自分のモットーなのかを説明していただくのがポイントです。ご存知の“It's no use crying over spilled milk”、日本では〈覆水盆に返らず〉 はモット―ですが、これを英語で ”He's spent all the money, and there's nothing you can do about it.”と説明しているのを目にしたことがあります。

② My summer plan 

(ご自由にどうぞ)

第96  2019年5月11() 1330 1530

テーマ 

  Own House or Rental House?

(持家か、賃貸住宅か、どう考えますか?) 

――――――――― (休憩10分)―――――――

② Recent Weather Information.

(気象情報がどんどん充実してきましたね・・・)

 

  出席リーダー:鈴木(テーブル1)・須田(テーブル2)・

   伊藤(テーブル3)・四方田(テーブル4)

  ALT出席者:(確認中)

第95  2019年4月7() 1330 1530

テーマ 

     What’s your plan for this year? (貴方の今年の計画は?)

新年度にあたり気持ちも新たなところで、

今年の計画を披露されたらいかが? なんでも。

――――――――― (休憩10分)―――――――――

 Convenience store

コンビニについては皆さんそれぞれいろいろな話題

をお持ちでしょう。最近従業員の過剰労働から開店

時間短縮の検討も始まったようですが。ご自分の

経験や思いをご自由に。 

    出席リーダー:鈴木(テーブル1)・須田(テーブル2)

    ・岩井(テーブル3)・四方田(テーブル4