2019年度 活動報告

茨城県国際交流協会主催国威際交流・ネットワーク会議に参加して

 

 719日(金)水戸において(公財)茨城県国際交流協会主催国威際交流・ネットワーク会議が開かれました。メインテーマが『多文化共生社会』だったこともあってか参加者名簿によると県内全域から130人を超える多くの人が参加されました。私も何度かこの会議には出席しましたが、過去最多の参加者ではなかったかと感じました。

 

午前の全体会では6歳の時に家族と共にブラジルに移住し、サンパウロ大学を卒業した後、日本に一時帰国し、東京大学大学院で学び、現在は日本、ブラジル両国のかけ橋の仕事をしていらっしゃると言う【二宮正人氏】が講演されました。胸に残った言葉は「多文化共生で成功した国はない」でした。共生を進める為には大きな努力が必要だと思いました。たとえ日本人と日系人の間でも言葉(日本語)が十分に理解できてないと十分な意思の疎通や、相互理解が難しいという実例が現在群馬県など関東北部、愛知県など東海地方にたくさん見られており、ましてや日系人以外の外国出身者との付き合い方にはさらに注意が必要だという事です。茨城県などにおいても単にコミュニケーションツールとしての言語(日本語)というとらえ方だけではなく異文化理解するようにお互いに努力していかないと環境が異なった地域で育った外国出身者との付き合いが簡単ではないという事を教わりました。もっと日頃からの個人、個人の付き合い、ネットワークの構築が必要だと痛感しました。

 午後は3つの分科会に分かれワークショップなど交えた議論をしました。(第1分科会:多文化共生ネットワーク会議、第2分科会:グローバル交流ネットワーク会議、第3分科会日本語ボランティアネットワーク会議)

 同会議は年に数回開かれます。毎回テーマは変わりますが、興味をお持ちになった方は是非参加することをお勧めします。参加費は無料です。

異文化トークサロン「アフリカ マラウイ編」

 

 6月9日(日)福祉交流センターで「異文化トークサロン」が開催されました。

講演題は「ウォーム・ハート・オブ・アフリカ:マラウイ共和国」で、講師は元JICAシニア海外ボランティアの上田 安男さんでした。上田さんは2014年から2016年まで2年間、アフリカ マラウイの首都リロングウェに本部がある NGO法人「マラウイ・エイズ・カウンセリング・情報機構」に派遣され、頻発する停電の中で、医療データベースの管理システム再構築に取り組まれました。

 マラウイはアフリカの内陸部にあり、日本人にはあまり馴染みのない国ですが、1964年イギリスより独立以降、アフリカでは珍しく周辺国との戦争や内戦もなく、“The Warm Heart of Africa”(アフリカの温かい心)という別称を持っています。

 講演では多くのスライドを交え、マラウイの国土、政治、経済、自然等、多岐にわたりお話し頂きました。世界の最貧国の1つで、国際支援に支えられた国ですが、貧富の差もそれほど高くなく、人々は温和で明るく、他のアフリカ諸国と比べ治安も良く、住みやすい国であるというお話でした。

 「貧しい国という我々の感覚と違い、人々は自活していて、十分な幸せを感じているのかもしれない」という上田さんの言葉が印象に残りました。講演参加者は総計28名でした。 

取手七福神ーキン 

 

 519日取手七福神ウォーキングを行いました。当日絶好のウォーキング日和で、スタートの取手駅東口前に、TIFA会員家族一般市民4を含む16まりました。

 取手駅東口よりバスにって、小文間馬坂停留場かいました。小文間には取手七福神のお3つあります。明星院福栄院東国寺った利根川河川敷土手いて取手福祉会館前までき、河川敷昼食りました。お天気かったので、展望台ぎた土手からは牛久大仏ることができました。

 昼食後福祉会館近くの念仏院におりして、長禅寺かいました。長禅寺では階段らなければなりません。階段下写真って、全員急階段をフーフーいながらりました。

 当日ウォーキングの、キリンビール 取手工場見学予約していました。りの普門院光明寺におりする時間くなり、残念ながらスキップしてキリンビールに直接向かいました。最後工場正門前解散しました。事故も無く全員無事くことができました。

TIFA 春季善行表彰受賞

 

 518明治神宮参集殿において、日本善行会表彰式われました。全国から144個人団体からの参加があり、青少年育成人命救助国際貢献等多岐にわたる分野での活動表彰されました。TIFAは、長年国際貢献活動評価されて受賞しました。

 表彰対象となった日本語教室異文化トークサロン、世界料理等のイベントは、先輩方時間をかけてげられたもので、30年間TIFA活動われたたち全員いたです。これから人達に、このバトンを大切いできたいといます。

社団法人日本善行会は、にボランティア活動等支援推進表彰事業実施しています。

TIFA 2019年度総会

 

  2019年度TIFA総会512午後130から取手ウェルネスプラザ・セミナールームで開催されました。出席者31でした。

 総会はインドネシア出身のユリア・ローサさんの司会まりました。取手市藤井市長出席予定されていましたが、急遽公用入り欠席となり、市長メッセージを取手市政策推進部長南典男氏代読されました。

 内藤祐吉さんが議長に、大谷智子さんが書記選任され、議題として2018年度事業実績報告並びに収支決算報告2019年度事業活動計画並びに収支予算討議され議案通承認されました。

 昨年度TIFA創立30周年にあたり、記念講演会・パーティが開催され、今年度記念誌発行されるとの報告がありました。

 総会終了後出席者全員による懇親会われました